コラム|長久手市の「ながた整体院」では、ひとりひとりのお客様の症状に合わせた全身施術を行なっています。無理にボキボキしない気持ちのよいソフトな整体です。

コラム

院長コラム

利き足と軸足

人は歩けるようになると、利き足と軸足が決まってきます。 歩けるようになった子供が階段を登るときに、どちらか決まった方の足で1歩ずつ登っていきます。 その登る方の足が利き足だと考えられます。 次に降りる時にも1歩ずつ降りて行きますが、そちらが軸足になります。

大人でも最初に階段を登る方の足が利き足で、降りるときに最初に踏み出す足が軸足です。 でも、あくまで無意識に登ったり、降りたりしないと判断がつかなくなります。 簡単に言いますと、無意識に立っているときに体重をかけている足が軸足です。

軸足には知らず知らずのうちに、体重と負担がかかっています。 ほかの人から見ると、歩き方や立ち方の癖がわかるぐらい、偏っていることもあります。 そのために、軸足側の脚・腰・背中・肩・首など、同じ片側の部分がいつも疲れたり、痛みが出たりしてしまいます。しかも、怪我をしたりしやすいのも、軸足側だそうです。 ご自分でも一度、軸足を確かめて見てください。

ながた整体院では、こんな事も確かめながら、お話をさせてもらい施術を行っております。

是非一度施術を受けながら、お話を聞きに来てくださいね。

ではまた。

PAGETOP