コラム|長久手市の「ながた整体院」では、ひとりひとりのお客様の症状に合わせた全身施術を行なっています。無理にボキボキしない気持ちのよいソフトな整体です。

コラム

院長コラム

「冷え」について

10月に入って段々と寒さが増してきました。 寒くなると気になるのが「冷え」ではないでしょうか? 特に女性の方は毎年悩みの種になっているのでは・・・!? そこで今回は「冷え」についてお話しましょう。

冷えには次の種類の原因が考えられます。

①リンパ・・・筋力の低下により、リンパ液の流れが悪くなっている。自覚している症状としては、肩こりなど
②血液循環の低下・・・血行が悪くなり、老廃物が溜まりやすい。自覚している症状としては、冷え性など
③アルブミンの減少・・・無理なダイエット、暴飲暴食により、腎臓の機能の低下

※リンパ液は栄養を配りつつ老廃物を受け取って排泄をするという働きをしています。
※アルブミンは私たちの血管中の血液量や体内での水分の量を調整する重要な働きをしています。

冷えによる症状には、肩こり、冷え症、肌荒れ、たるみ、しわ、目の下のくま下半身太り(セルライトの形成)などが考えられます。
※セルライトとは皮膚の表面がしわが寄ったようにデコボコに見える現象のこと。

冷えの対策としては、①に対してはリンパや血行が良くなるマッサージやストレッチ。(特に太腿付け根、すね、ひざ裏など)。
②に対しては塩分に注意、カリウム、マグネシウム、食物繊維などを摂取するといいようです。
③に対してはアルブミンを増やすために、アミノ酸(肉・魚・豆など)や亜鉛(魚介類など)の摂取がいいようです。

セルライトに対しては、体を温める、水分を摂る、太腿の筋肉を動かす。などの対策が有効だと考えられます。

当整体院でも、施術を受けられた後、体が温かくなった、血液が流れが良くなったような気がするなどのご意見もうかがっております。是非1度お試しください。

尚、以上の対策などに関しては一般的なものですので、改善されない場合は医師にご相談される事をおすすめします。

PAGETOP